忍者ブログ
ほんとに必要な方のみご覧くだされ
[135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(*´∀`)つt日2009/11/15 --------------------------------------------

金一途(仮)byはなしのさかなやとりび屋---------------------(* ̄0 ̄*)/口

特定電子メール法に基づく発行者情報
http://jpan.jp/?toribiya7

 


「金があっての人生だからな。~悟ったからには金一途」

                 ルパン三世     石川五右衛門

 


「とりび屋」、、、、、それは役に立つ情報発信しますw

という意味ではなく

まあなんかの「足し」になればこれ幸い、、、という意味で掲げた看板だすw

よろしければこちらにもお付き合いを

 

とりび屋宅配便@銭の皿(ネットビジネスネタ)

無料レポ、ソフトなどなど代理登録なし無条件で差し上げてますw

http://jpan.jp/?toribiya7-02


とりび屋宅配便@おすすめの一皿(雑学ネタ)

http://multiview.accessup.org/iv/32f67dc26620d8ad6616a36de526967b.html

1500号到達記念♪粗品用意しました♪
http://ameblo.jp/molu77/entry-10374218307.html

 


*本題*

 


光の陰謀-2 著 者: gyroman.team

 


光の陰謀-2

前回までの荒筋。

温暖化は光の陰謀である。温暖化の原因はは、光に乗っ取られた精神にある。
光言語、光自我、光意識、光精神である。これらを解体する必要がある。

そのために光の謎解きをする。原生人は、光を遮断する妄想をしていた。

彼らにも原自我はあった。その原自我を光が襲ってきた。
---

ここからが生成門独自の解釈、天球反転驚愕動地の光の思考実験である。


137億年前に遡る。宇宙の果で会議が開催された。
地球には妄想する生命がいて、光を遮断している。それを止めさせなければ、
光の供給者としての我々の存在がない。

「地球を光の消費者にせよ」という密命がくだされた。

光の群団がその密命を受け、ある天体から出発した。

その光群は真直ぐに進んだ。そして、やがて西ヨーロッパの原生人達の住む
洞窟に達したのである。

実際は真直ぐに進んできたのではなく、紆余曲折してきたのであった。
宇宙は天球であるから、もっとも遠くから来たのはぐるっと回って
天の川銀河に達した光群である。

しかし、光群団はエゴが強く、真直ぐな性格を持っていたので、
自分達が曲がってきたとは認めなかった。

実際に辿り着いた時は、あっちに曲がり、こっちに曲がり、
よれよれだったのである。

ほとんどは、途中で吸収され、つまり、消費されたのである。

よれよれの光でも原生人にとっては、天使のようだったであろう。
甘い囁きが聞こえてきた。

文明という餌が目の前に、ぶら下げられたのである。

その当時、ちょうど寒冷化という厳しい状態にあったので、
狩猟から農耕に切り替える必要にも迫られていた。
生き残りのギリギリのところに追い詰められていたのである。

仲間のネアンデルタール人はどんどん餓死していた。

光群の言い分はこうである。光を遮断する妄想を止めれば君達の命は助かる。

我々も光が消費されることで、宇宙の精神を全うすることになる。

直ちに妄想をやめて洞窟を出てほしい。消費されるべき未来の光が、
そこまできて待っているのである。

洞窟を出てくれば、その代わりに快適さ、便利さという文明を提供する。
これは宇宙からの命令である。

この取引に長い時間はかからなかった。

原生人は、生き延びるために選択の余地はなかったのである。
光の使者の言う通りにしたのであった。

原生人を襲った危機とは、西ヨーロッパの寒冷化であると思われる。
狩猟ができなくなり、農耕へ移行する選択があった。
森を開拓して平地にするには、光が必要だったのである。

それには洞窟からでなければならない。
楽しみにしていた妄想も止めなければならない。
背に腹は変えられなかったのである。

彼らは光と同盟を結んだのである。
その結果、農耕に関する光のノウハウが移植された。
その主な内容は時間と空間の断片化、段階化、直線化である。
こうして光の戦略は成功した。

光の使者の言う通り、その後未来から光がどんどんと地球にきた。
その度に農業は栄え、生産が増え、原自我が強化された。

光ノウハウの移植にって何がおきたのだろうか。

では、光の陰謀、つまり光の戦略を白日に示そう。

光にとって光を遮断する妄想は、供給側としてはまずいのである。
妄想する意識は四次元的時空体である。

宇宙は閉じており、振動しつつ、全体としては定常の状態を維持するのである。
だから、宇宙サイクル(生成と消滅)の生成の原理があり、
それを持続するには、時々揺らぎが必要なのである。

揺らぎとは対称性を破るということである。

分かりやすく言えば、左右のバランスを乱すのである。
それによって活性化させるのである。

この揺らぎを地球にも持ち込む必要があったのである。
それには、どうしても原生人の四次元的時空体を、
一旦、三次元状態にして光の消費を増やさなければならなかったのである。

それには妄想を止めさせなければならなかったのである。

こうして137億年先から光群が派遣されたのである。
光群は文明という餌と交換に、原生人から四次元的時空の意識を剥ぎ取り、
次元低下=三次元意識=左脳優位=原自我の強化というミッションを
持ってきたのである。

では、次元低下させる光の武器=光ノウハウとは何か。

光の本質は直進性指向である。この光の直進性がこれからおきるすべてである。
光の直進性が光ノウハウ=断片化、順番化、段階化を導びくのである。

光の直進性によって次元低下した一つの例を示しておく。

日時計である。地面に棒を立てて光の陰をつくり、その陰の軌跡を地面に記す。
これが時間の発明である。

光の直線性をつかって、時間と空間を分離して、平面空間を直線化、
即ち、二次元を一次元化したということになる。

次元低下させるといろいろなメリットがある。時間と空間を分離するから、
空間を操作しやすくなり、空間を客観化できるということである。
又、時間を日の出という無限から日の入という無限までを直線化することで
有限になる。こうして時間も操作しやすくなり、時間を客観化できたのである。

しかし、デメリットもある。時間の奴隷になったために
苦が生まれたことである。仏教の苦の原因の分析はすべてここに由来する。

光の戦略は見事に成功したのである。

地球を光の支配下においたのであるから。次から次へと光がやってきた。
今も天の川銀河の外まで到達している光群がいる。
順番待ちをしているのである。

未来の光が待っているのである。彼らの使命は照らさなければ、
終えたことにならないのである。消費こそ美徳なのである。
続く。

生成門 未来に繋ぐ
http://gyroman65.exblog.jp/
 

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

 

 

 


いいネタ用意しましたぜw無駄にしないで使ってくだされw


プライベートラヴェルライトのライセンスついてまっせw

つまり、

編集権、著作権、販売権付きなんですよん♪

 


GuysGuideToTheBirthingRoom

http://www.megaupload.com/($_¥)♪

 


海外のレポートです。英語の原文と機械翻訳のファイル入ってます。

これを自分の言葉で手直しするだけで、、、、

 

自分の商品として売りに出せるんです。

著作権主張できます。あなた自身のオリジナル電子書籍ができます。

さて

どうやって売るか、、、、、、、

 


そおですねえ、、、、、、

たとえば、全部無料サービスだけで販売から代金回収までできるとしたら?

それも無料サービスのブログだけで、、、、、、、

ASPとの契約とか審査も不要wそんな方法あるんですが、、、

知りたい?


ここで見てください。その方法を。

 

http://toribiyanomise.blog.shinobi.jp/

 

 

その前に、手元において、自分の商品にするための手直しを
はじめませんか???


有効利用してくださいなw

 

 

 

 

注意書きw

ダウンロードでの代理登録はいっさいありません。
自己責任でご利用ください

*こちらでは利用に際し、何ら保障も責任も負いません。

 


ダウンロード方法

画面上部右側に指定認証コード(半角大文字3つか4つ)入れて
ダウンロードをクリック、

画面右側下部に無料ダウンロードとでたらそこをクリック
(45秒のカウントダウンがあります)

無料サービスなので、別ウインドウなどで、複数の広告が
表示されることがあります

 


言葉だけじゃわから~ん!!って方w

動画があります。これ見れば判りやすいと思います。


http://toribiya7.blog.shinobi.jp/Entry/468/

 


(次号に続きます)

 

 

 

@次回予告@

さ~ってと、、、、、ネタ、、次どうしましょ、、、、、

-----------------------------(* ̄0 ̄*)/口
お客様各位:ご注文(登録)、キャンセル(解除)はセルフサービスになってま
      すんで手続きはご自身でお願いいたしますよ。

特定電子メール法に基づく発行者情報:http://jpan.jp/?toribiya7

登録・解除

melma!   http://www.melma.com/backnumber_119210/

ブログ   http://toribiya5.blog.shinobi.jp/

店主(発行人)盛山 盛(高岡 淳)

店主への励まし、文句はこちら  molu7007@yahoo.co.jp

またのご利用お待ちしてまっせ~
(* ̄0 ̄*)/口------------------------------

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 無題 HOME 無題 >>
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新記事
(11/11)
(03/27)
(02/26)
(01/13)
(01/08)
最新TB
(09/27)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]