忍者ブログ
ほんとに必要な方のみご覧くだされ
[134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(*´∀`)つt日2009/11/14 --------------------------------------------

金一途(仮)byはなしのさかなやとりび屋---------------------(* ̄0 ̄*)/口

特定電子メール法に基づく発行者情報
http://jpan.jp/?toribiya7

 


「金があっての人生だからな。~悟ったからには金一途」

                 ルパン三世     石川五右衛門

 


「とりび屋」、、、、、それは役に立つ情報発信しますw

という意味ではなく

まあなんかの「足し」になればこれ幸い、、、という意味で掲げた看板だすw

よろしければこちらにもお付き合いを

 

とりび屋宅配便@銭の皿(ネットビジネスネタ)

無料レポ、ソフトなどなど代理登録なし無条件で差し上げてますw

http://jpan.jp/?toribiya7-02


とりび屋宅配便@おすすめの一皿(雑学ネタ)

http://multiview.accessup.org/iv/32f67dc26620d8ad6616a36de526967b.html

1500号到達記念♪粗品用意しました♪
http://ameblo.jp/molu77/entry-10374218307.html

 


*本題*

 


光の陰謀-1 著 者: gyroman.team

 


光の陰謀1

前回までの荒筋。

光の陰謀については仏教がいいところまで追求していた。
仏教の限界を知ることから手掛かりが見えてくる。この世界は不条理
(相反するものが同時に存在して混沌としている)に満ちている。

色即是空が宇宙の法則である。

瞑想=不立文字=言語の否定=即非思考を強化することが宇宙の法則に
叶うことである。

---

光の陰謀に行く前に仏の観点から言葉と自我の関係を見た。
それで分ったのは、末法の構図、元の木阿弥モデルである。

何故、末法になったのかである。両立できないものを
両立させたからなのであろうか。

そうではないと思うのである。現実に目をやると、この世界は不条理
(相反するものが同時に存在して混沌としている)に満ちている。

この世界の不条理を認めてしまえば良いのではないだろうか。
実際に、量子論では真空からの対生成、対消滅が常時おきているのが
宇宙の姿であると言っている。

これは色即是空をそのまま表現しているように思えるのである。

それならば、瞑想=不立文字=言語の否定=即非思考が勢力を強化すれば
良いのではないだろうか。

出家といって俗世界を排除するのではなく、在家なとどいって妥協するのでは
なく、両方を同時に受け入れるのである。

そういう方法があるのではないだろうか。ジキルとハイドの混然とした姿が
脱末法の最善のスタイルであるなとど言われそうであるが、
混然の共生に向っているのは確かである。

 

瞑想=即非思考の勢力を強化する方向で話を進めていこう。

瞑想とは光の遮断である。ここで始めて光との関係が出てくるのである。
仏教はここに気がつかなかったのではないだろうか。光の遮断こそが
ポイントなのである。

これまでは瞑想=即非思考=「考えるな、しかし、考えよ」ということだけに
関心をもっていった。しかし、それだけでは宇宙の法則に叶うことにはならない。

何故、光の遮断なのかと問わなければならない。光が何をしたかなのだ。
我々は目がなければ何もがきでない。他の感覚器官もあるが目は特別である。

その目の機能を無力化する瞑想が、瞑想=不立文字=言語の否定=即非思考
として何故重要されたのかである。

光が鍵を握っているのではないだろうか。

仏教では自我が欲望するのは光の陰謀であるとは言っていない。
しかし、瞑想を前提とした。本当は、光の本質を見ていたのではないだろうか。

もし、そうならば、光の正体を掴まなければ、自我の解体は難しい
ということなのではないだろうか。そして、それが最大の難関である。
その証拠に東洋は欧米化されてしまった。そう、西洋は光の文化なのである。

言語の二元的性質を指摘しただけでは、自我の解体のためには不十分だ
ということである。如何にして言語を解体するかである。

それには、光の遮断=瞑想=不立文字=言語の否定=即非思考と
修正しなければならないのである。

光の遮断こそが最初にくるべきなのである。そうすれば光と言語とが
どうように関係しているかが見えてくるのではないだろうか。

人類が栄えたのは単に視覚依存によってではないだろう。視覚だけでは東洋と
西洋の文化の違い、言葉の違いが説明できないのである。

それだけではない何かがあると思うのである。

それには言語の本質をもうしばらく追求しなければならないだろう。
シムハンター(生成門の探究者)は、簡単には諦めないのである。

さて、言語の本質を理解するには、言語の発生に現場に降り立つことが
一番である。言語の考古学である。

しかし、壁画に残された文字や絵等からでは限界がある。
又、音声は残されていないからこれも無理である。

言語の発生の様子を知ることができなくても、言語と意識の関係を
知るだけならば、現代の言語学、脳生理学を援用すれば、
かなりのことが分かるだろう。

しかし、それでも謎がある。何故、表音と象形があるのかということである。

表音と象形は脳の構造と関係すると思うのである。脳が進化して、
言語が誕生して、意識が発生して、自我が生まれたとしよう。

それでは、何故、東洋的と西洋的と言われる程の大きな文化的違いが
生まれたのであろうか。その謎を解かなければならないだろう。
環境の違いなのだろうか。光も環境である。

文化というのは精神、意識の収蔵庫あるとしよう。
文化と言うのは多様だから、単純に東洋文化と西洋文化というような
二元的分類では説明が付かないだろうが、

表音と象形、左脳と右脳、西洋と東洋という対比は無視できない共通性を
持っていると思うのである。

このような対称性は、あらゆる現象に見られる。

ミクロ、マクロな物理現象、天気などの自然現象、
性別等の生命現象のすべてにあるのである。

この対称性が鍵である。対称性とは色即是空である。
これが宇宙の法則である。簡単に言えば、宇宙は陰陽のサイクルだ
ということである。詳細は別稿とする。

今は、意識の変革、自我の解体には、言語の解体がどうしても必要だ
ということを確認することに止めておこう。

先ずは、光との関係を突き止めることが先決だろう。

解体すべき言語、自我ないし精神は、その文明を育んできた英知である
ということである。英知である言語・自我・精神を断罪しようと
言うのだから、英雄を血祭りにするようなものである。
それは許されないであろう。

その英知とは、西洋文明、近代的自我である。

これについてはポストモダンが解明したので決着がついたと
思ったのであるが、どっこいそれでもしぶとく生きているようである。
現に欧米化の嵐は続いている。

立派なことを言っていた仏教が敗北したように近代的自我は、
資本主義と左脳と欲望と同盟関係にあるので簡単には退かないのである。

 


だから、何度も言うが温暖化防止は難しいのである。

近代的自我と言えども突然に発生したのではない。
脳が階層構造を為しているように自我も、それ以前の自我がベースとなって
発生している。

つまり、原生人にも自我があったということだ。それを原自我といおう。

光がこの原自我を襲ったのである。

続く。

生成門 未来に繋ぐ
http://gyroman65.exblog.jp/
 

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

 

 

 

 


いいネタ用意しましたぜw無駄にしないで使ってくだされw


プライベートラヴェルライトのライセンスついてまっせw

つまり、

編集権、著作権、販売権付きなんですよん♪

 


GuysGuideToTheBirthingRoom

http://www.megaupload.com/($_¥)♪

 


海外のレポートです。英語の原文と機械翻訳のファイル入ってます。

これを自分の言葉で手直しするだけで、、、、

 

自分の商品として売りに出せるんです。

著作権主張できます。あなた自身のオリジナル電子書籍ができます。

さて

どうやって売るか、、、、、、、

 


そおですねえ、、、、、、

たとえば、全部無料サービスだけで販売から代金回収までできるとしたら?

それも無料サービスのブログだけで、、、、、、、

ASPとの契約とか審査も不要wそんな方法あるんですが、、、

知りたい?


ここで見てください。その方法を。

 

http://toribiyanomise.blog.shinobi.jp/

 

 

その前に、手元において、自分の商品にするための手直しを
はじめませんか???


有効利用してくださいなw

 

 

 

 

注意書きw

ダウンロードでの代理登録はいっさいありません。
自己責任でご利用ください

*こちらでは利用に際し、何ら保障も責任も負いません。

 


ダウンロード方法

画面上部右側に指定認証コード(半角大文字3つか4つ)入れて
ダウンロードをクリック、

画面右側下部に無料ダウンロードとでたらそこをクリック
(45秒のカウントダウンがあります)

無料サービスなので、別ウインドウなどで、複数の広告が
表示されることがあります

 


言葉だけじゃわから~ん!!って方w

動画があります。これ見れば判りやすいと思います。


http://toribiya7.blog.shinobi.jp/Entry/468/

 


(次号に続きます)

 

 

 

@次回予告@

さ~ってと、、、、、ネタ、、次どうしましょ、、、、、

-----------------------------(* ̄0 ̄*)/口
お客様各位:ご注文(登録)、キャンセル(解除)はセルフサービスになってま
      すんで手続きはご自身でお願いいたしますよ。

特定電子メール法に基づく発行者情報:http://jpan.jp/?toribiya7

登録・解除

melma!   http://www.melma.com/backnumber_119210/

ブログ   http://toribiya5.blog.shinobi.jp/

店主(発行人)盛山 盛(高岡 淳)

店主への励まし、文句はこちら  molu7007@yahoo.co.jp

またのご利用お待ちしてまっせ~
(* ̄0 ̄*)/口------------------------------

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 無題 HOME 無題 >>
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新記事
(11/11)
(03/27)
(02/26)
(01/13)
(01/08)
最新TB
(09/27)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]